ヨーロッパの業務経験を活かして輸入ビジネスに取り組んでいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

語学を活かしての輸入ビジネス

私は過去にヨーロッパでの業務経験があったため、今も副業で輸入ビジネスを行っています。

販売方法はネットのオークションと仮想店舗です。

商材に関しては詳しく申し上げられませんが、日本でもけるけど、ヨーロッパのほうがおしゃれなものがそろうかも、と日本人に思われているものです。

始めたきっかけは些細なことで、妻にヨーロッパの「コレ」が欲しいと言われたのですが、日本では売っていない。

なのでネットで調べて取り寄せたら思ったよりスムーズに商品が到着しました。

「これは小遣い稼ぎに使えるんではないか?」と思い最初は在庫を少し持ち、ウェブ上で販売を始めました。

少し在庫を持つこともありますし、注文を受けてから輸入することもあります。

今は国際宅配便のサービスもよくなっていますし、ヨーロッパ先進国の国際郵便もかなり信頼できるレベルになっていますので、輸送コストが掛かっても十分利益をだすことができます。

もちろん輸送の遅延や破損のリスクはありますが、「売れる」と思ったものは十分高値で売れますので、十分リスクを吸収できます。

しばらくすると月間5万円ほどの利益が安定して出るようになりました。

あくまで副業ですので、今のところこれで十分かなと思っています。

FXで独立しようとした結果。。。

2014年11月某日、私はFXを始めました。

念には念を、事前にFX関係の本を数冊読みました。

さらに、10月にはデモトレードを実践しました。

用語や操作方法を理解した上での本番です。

当初の元金は100万円です。

ドル円をメインに、最初はレバレッジを低く、1枚(1万通貨)で数百円を数回にわたって稼いでました。

戦略は主にロング(買い)メインで、レンジを見極めて下限で買って上限手前で売ることの繰り返しです。

いわゆる短期のスキャルピングです。

思ったように勝ててしまったので、レバレッジを増やして2枚、3枚、5枚と増やしていき、ゆくゆくは10枚メインで取引するようになりました。

開始から20日間で、20万円近く稼ぐことができました。

「ひょっとしたら、これで独立できるのでは??」と思い、

スキャルピングの期間を延ばし、一回の取引で大きく儲けようとしました。

今思うと、これが大きな間違いでした。

15枚ほどドルを買ってから運よく利益が出ていましたが、決済せず保有。

そこで決済しとけばよかったのだが、あるときを境にドル円は一気に下落。

「まだ大丈夫だろう」と思っていた矢先に、

某お偉い財務関係のAさんが、「最近は円安が進みすぎている」発言。

これにより、ドル円のレートは瞬時に急下落。

私の買ったドルはマイナスで強制決済。

トータルで50万円以上損してしまいました。

当時は円安傾向で、ビギナーズラックだったということを痛感しました。

FXは甘くないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*