就活用のSPI問題集がお小遣い稼ぎになった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この時期はネットショップで稼ごう!

去年の年の暮、掃除をする前に自分の部屋のものを少なくしなくてはと思い、整理をしていました。

そこで色々出てきたのですが、まだ使っていないめちゃくちゃ大きな英英辞書とか、当時使っていた就活用SPIの問題集とかを発見しました。

捨てるのがもったいないけど、友達を思い出してみても今は電子辞書だし、これから就活をする後輩もいなかったので諦めました。

しかし、息抜きにネットをしていたところ、ネットで売るという手があるではないかと思い立ちました。

これは私にとっても買い手にとってもWIN-WINな関係なはずです。

運送するのに必要なプチプチや箱の用意はこちらがしなくてはなりませんでしたが、それくらいは簡単に手に入ります。

ネットショップで売るコツは、まず1カ月以内に売ってしまうことです。

私の使っていたサイトは1カ月ごとに利用料が500円かかったので、もし1カ月で売りさばいてしまえば、後は次の年末まで退会すればいいのです。

巨大英英辞書はブックオフでも日本語以外の言語はうけつけていませんと断られたので、折角あんなに重いのに持っていったのに残念でした。

しかし、ネットでならそんな手間もいらず、儲けまで出て片づけもできたので良かったです。

古本のせどりでちょっとしたお小遣い

自分持っている本を古本屋に売りに行こうと思った時、アマゾンで古本の価格も見れるのを思い出して手持ちの本の古本価格を調べました。

あれ、古本でも新品より数百円安い値段で売ってるんだ買う人いるのかなと数日観察してたら売れてました。

じゃ私のもと一番高い値段より少し低くして売ってみました。

本の状態もそのまま包み隠さず下にシミとか小さい折り目も書き、注文来たらすぐ出荷する旨も記入しました。

何と翌日買い手が付き急いでクロネコさんへ向かいました。

他にも100円で買った本も出品しました。

幸い汚れも折りもなく問題ない本が多かったので元値より心持高くした位ですが、こちらも早々に売れました。

これは面白いとブックオフに向かうとせどりらしき人達が端末らしき物を持って物色してました。

私は自分の目利きで「この本は状態がいいし書いた人確か学者だかでテレビに出てた」とこれから露出する事で読みたい人いるという判断で物色です。

今売れてるからと購入してもそういう本は逆に売れませんでした。

利益は一冊につき缶コーヒー一本程で、それでも毎日の様に買い手がつき交通の便の都合で三か月程で辞めましたがトータルで一万円程になりました。

でも何よりも購入してくれたお客様のコメントがとても嬉しかったです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*