ライティング副業のとある悲劇

安く仕入れるなら週末セールが狙い目!

私は本屋CD、DVDなどのせどりの副業をしています。

主な仕入先はブックオフになります。

やはり大手全国チェーンなので商品の品揃えも良いですし、週末に行われるセールでの仕入れはかなりの儲けを得る事が出来ます。

セールは基本週末が多いのですが、私の戦いはセールの前日からスタートしています。

ブックオフのセールは、ブックオフのWEB会員になっていれば事前に知る事が出来るので準備は出来ます。

なのでセール前日にはどのお店でどういったセールが行われるかは分かるのです。

それを確認しながら自分が行くお店を決めて、前日下見に行きます。

下見は、例えば単行本の半額セールが翌日行われるのであれば、単行本の棚をチェックします。

チェックの際も、せどりでは必需品のバーコードリーダーと携帯から繋げるせどりの無料アプリを使って値段を調べます。

ここでもう一つポイントがあるのですが、ブックオフの本の値札には4種類の色が付いています。

それぞれ意味があり、1~3月は黒、4~6月 は緑、7~9月は青、10~12月は赤となっています。

それを確認して最新の値札が付いている本だけチェックすれば時間の短縮になります。

後は場所を覚えて翌日のセールの備えます。

もちろんセールも開店1時間前には行って先頭をキープするようにしています。

これが私のせどりを行う際のルーティーンになります。

ライティングの副業は依頼数が大事

今私は、とあるサイトに登録をしています。

副業でライターをしているので、それの依頼を受け、納品するためです。

そこは数年前から利用しており、ランク制になっています。

実績を積めば積むほどランクが上がり、単価も上がるのです。

これはやる気がでますよね。私は3年くらいをかけて、最高ランクのSランクまで辿り着きました。

しかし、ここで悲劇が起こります。

全員に公開される案件が劇的に減り、それまでのように稼げなくなりました。

非公開案件ならあるようですが、それも数が少ない上に、専門知識が必要なため、初心者から始めた私には到底無理な依頼でした。

一度英語の分野が来て、クライアントの押しに負けて挑戦してみたのですが、時間をかけて作ったそのほとんどは受け入れてもらえませんでした。

だから今はもう半年くらい依頼がない状態で、ライティングで稼ぐには初心者でも良いのがメリットだけれども、依頼数が少なすぎると何もできないことを知りました。

いずれはネットビジネスで起業したいと考えていますが、今後ライティングで稼ぐとしたら、下調べをするのと、嘘の情報を鵜呑みにしないようどらが本当の情報なのかを見極める必要があると思いました。

やたらめったら登録サイトを持つのも混乱するので、何かに絞った方がいいと思います。

ヨーロッパの業務経験を活かして輸入ビジネスに取り組んでいます

語学を活かしての輸入ビジネス

私は過去にヨーロッパでの業務経験があったため、今も副業で輸入ビジネスを行っています。

販売方法はネットのオークションと仮想店舗です。

商材に関しては詳しく申し上げられませんが、日本でもけるけど、ヨーロッパのほうがおしゃれなものがそろうかも、と日本人に思われているものです。

始めたきっかけは些細なことで、妻にヨーロッパの「コレ」が欲しいと言われたのですが、日本では売っていない。

なのでネットで調べて取り寄せたら思ったよりスムーズに商品が到着しました。

「これは小遣い稼ぎに使えるんではないか?」と思い最初は在庫を少し持ち、ウェブ上で販売を始めました。

少し在庫を持つこともありますし、注文を受けてから輸入することもあります。

今は国際宅配便のサービスもよくなっていますし、ヨーロッパ先進国の国際郵便もかなり信頼できるレベルになっていますので、輸送コストが掛かっても十分利益をだすことができます。

もちろん輸送の遅延や破損のリスクはありますが、「売れる」と思ったものは十分高値で売れますので、十分リスクを吸収できます。

しばらくすると月間5万円ほどの利益が安定して出るようになりました。

あくまで副業ですので、今のところこれで十分かなと思っています。

FXで独立しようとした結果。。。

2014年11月某日、私はFXを始めました。

念には念を、事前にFX関係の本を数冊読みました。

さらに、10月にはデモトレードを実践しました。

用語や操作方法を理解した上での本番です。

当初の元金は100万円です。

ドル円をメインに、最初はレバレッジを低く、1枚(1万通貨)で数百円を数回にわたって稼いでました。

戦略は主にロング(買い)メインで、レンジを見極めて下限で買って上限手前で売ることの繰り返しです。

いわゆる短期のスキャルピングです。

思ったように勝ててしまったので、レバレッジを増やして2枚、3枚、5枚と増やしていき、ゆくゆくは10枚メインで取引するようになりました。

開始から20日間で、20万円近く稼ぐことができました。

「ひょっとしたら、これで独立できるのでは??」と思い、

スキャルピングの期間を延ばし、一回の取引で大きく儲けようとしました。

今思うと、これが大きな間違いでした。

15枚ほどドルを買ってから運よく利益が出ていましたが、決済せず保有。

そこで決済しとけばよかったのだが、あるときを境にドル円は一気に下落。

「まだ大丈夫だろう」と思っていた矢先に、

某お偉い財務関係のAさんが、「最近は円安が進みすぎている」発言。

これにより、ドル円のレートは瞬時に急下落。

私の買ったドルはマイナスで強制決済。

トータルで50万円以上損してしまいました。

当時は円安傾向で、ビギナーズラックだったということを痛感しました。

FXは甘くないです。

就活用のSPI問題集がお小遣い稼ぎになった!

この時期はネットショップで稼ごう!

去年の年の暮、掃除をする前に自分の部屋のものを少なくしなくてはと思い、整理をしていました。

そこで色々出てきたのですが、まだ使っていないめちゃくちゃ大きな英英辞書とか、当時使っていた就活用SPIの問題集とかを発見しました。

捨てるのがもったいないけど、友達を思い出してみても今は電子辞書だし、これから就活をする後輩もいなかったので諦めました。

しかし、息抜きにネットをしていたところ、ネットで売るという手があるではないかと思い立ちました。

これは私にとっても買い手にとってもWIN-WINな関係なはずです。

運送するのに必要なプチプチや箱の用意はこちらがしなくてはなりませんでしたが、それくらいは簡単に手に入ります。

ネットショップで売るコツは、まず1カ月以内に売ってしまうことです。

私の使っていたサイトは1カ月ごとに利用料が500円かかったので、もし1カ月で売りさばいてしまえば、後は次の年末まで退会すればいいのです。

巨大英英辞書はブックオフでも日本語以外の言語はうけつけていませんと断られたので、折角あんなに重いのに持っていったのに残念でした。

しかし、ネットでならそんな手間もいらず、儲けまで出て片づけもできたので良かったです。

古本のせどりでちょっとしたお小遣い

自分持っている本を古本屋に売りに行こうと思った時、アマゾンで古本の価格も見れるのを思い出して手持ちの本の古本価格を調べました。

あれ、古本でも新品より数百円安い値段で売ってるんだ買う人いるのかなと数日観察してたら売れてました。

じゃ私のもと一番高い値段より少し低くして売ってみました。

本の状態もそのまま包み隠さず下にシミとか小さい折り目も書き、注文来たらすぐ出荷する旨も記入しました。

何と翌日買い手が付き急いでクロネコさんへ向かいました。

他にも100円で買った本も出品しました。

幸い汚れも折りもなく問題ない本が多かったので元値より心持高くした位ですが、こちらも早々に売れました。

これは面白いとブックオフに向かうとせどりらしき人達が端末らしき物を持って物色してました。

私は自分の目利きで「この本は状態がいいし書いた人確か学者だかでテレビに出てた」とこれから露出する事で読みたい人いるという判断で物色です。

今売れてるからと購入してもそういう本は逆に売れませんでした。

利益は一冊につき缶コーヒー一本程で、それでも毎日の様に買い手がつき交通の便の都合で三か月程で辞めましたがトータルで一万円程になりました。

でも何よりも購入してくれたお客様のコメントがとても嬉しかったです。

チャットレディで仕事する子のほとんどは稼げない理由がわかった

チャットレディで月10万円稼げるってホント?

私は以前、チャットレディと呼ばれるもので副業をしていました。

始めようと思ったきっかけは、家にいながらにして高時給の仕事ができるからです。

でも、最初は抵抗がありました。

こんなに高時給なのは裏に何かあるに違いないとか、何かしら仕組みがあって稼げないようになっているのではないかとか。

用心はして、私が登録したのは顔出しNG設定がOKの、口コミも良いところでした。

しかし、稼げないとされる理由が入ってみてわかりました。

顔出ししないとお客さんが来ないのです。

しかも、お客さんのほとんどは全員が顔出ししていると思っている規約を読んでいない人で、どうして顔を出さないのとそのまますぐに去っていきました。

また、ネットなので何でも言いたい放題なところがあり、ストレスを大変感じる仕事だなと思いました。

これに耐えられる人で、顔出しやサービス精神が旺盛な人はたぶん10万円稼げるのでしょう。

しかし、私はそれができませんでした。

月に1万円行かないくらいが平均で、確かに時給は高くても、入ってくるお客さん待っている時間を考えるとそう多くはないのです。

入っても、すぐに出ていかれてはお金は入りません。

結論としては、稼ごうと思えれば稼げるけれど、私のように警戒していると稼げないということです。

ライターは私のライフスタイルにぴったり

私は今やっているライターの副業がとても気に入っています。

単価は決して高いとは言えませんが、なんといっても家で好きな時に好きなだけできるというのが魅力的です。

私はあまり外へ出るのが得意ではないので、これで時間を取るのも全然罪悪感がありません。

もしアルバイト先まで時間がかかるとしたら、その時間家でライターをやっていた方が良いという場合もあるかもしれません。

私は午後から本業があるので、午前中に副業で稼いでいます。

月々1万5千円くらいが平均です。

効率が良いとは言えませんが、特にこれといった趣味もないので気になりません。

それに、大まかなテーマがあるだけで、自分の好きなことを書ける依頼が多いのでこれ自体が楽しいのです。

貯まったお金を何に使おうかは考えていませんが、貯まっていくのを見ていて楽しいといったところでしょうか。

お金はあって困るものではありませんし、私のような本業が低所得なら嬉しいものです。

家でできるものなら、例えばニートであるとか、うつで外に出られないという人でも自分の都合に合わせてできるかもしれません。

働きたくても働けない人の多いなる味方でもあると思っていて、私のライフスタイルに完全に溶け込んでいます。

ネットの情報を鵜呑みにアフィリエイトに取り組んだら痛い目に

情報を鵜呑みにアフィリエイトを始めたら…

私は副業としてアフィリエイトをやっています。

最初は期待に胸を膨らませていました。

自分の趣味に関することを好きなように書くだけでお金をもらえるシステムだと非常に甘い考えを持っていたからです。

ネットサーフィンをしていた所、そのように書かれているブログを見つけて鵜呑みにしてしまったのです。

ただ実際に始めてみると、あまりに稼げないことに愕然としました。

冷静になって考えてみると、自分のブログをきっかけに何か商品を買ってもらうということが簡単なわけがありません。

因みに私はアマゾンのアフィリエイトを使用しました。

アマゾンならば様々な商品のアフィリエイトができるからです。

そのためアマゾンならば自分の趣味に合った広告を見つけることが容易だということです。

ただ全く私のブログをきっかけにアマゾンで買い物をしてくれた人は全然いませんでした。

ただこのまま諦めるわけにはいきません。何とかしたいものです。

今回の経験から購入してもらうことの難しさを痛感したため、今度はアクセスしてもらうだけで報酬がもらえる仕組みの広告を掲載するアフィリエイトを使用してみようと思います。

当然単価は安くなってしまいますが、その分だけアクセス数を増やすことができれば無理な話ではないと考えています。

これからチャレンジです。

ブックオフの本せどりで月5万稼ぐ

私は34の男性ですが、現在定職についていません。

なので自分でお金を稼いでいかなければなりません。

そこでお金を得る方法のひとつとしてせどりを実践しています。

それがブックオフセドリです。

主に本のせどりを行っています。

ビームなどは使っておらず、スマホでひとつひとつアマゾンやヤフオクの相場を調べて、仕入れしています。

ビームせどりは、やっている人を見たことがあるのですが、とても印象が悪く、私はやりたくなかったので使っていません。

あれを使えばすぐに、利益の出る商品を仕入れられるのかもしれませんが、やりたくないことは続くわけがないので、やらないと決めていました。

そしてスマホでひとつひとつ調べる方法はとても時間がかかりますし、効率的ではありません。

時間がかかるうえ、利益も少ないのでは誰もやらないではないかとお思いでしょうが、その通りなのです。

しかしそれでも続く方法があります。

それは自分の好きな分野で行うことです。

例えばマンガが好きならマンガだけで行うと決めてしまうのです。

そうすれば売れ残っても平気ですし、自分も楽しめるというのがいいのです。

次第に仕入れるのが楽しくなりますし、好きな分野なのですぐに本の価値を見極める力がつくのです。

これがセドリがうまくなる早道だと思います。